/

この記事は会員限定です

コロナ下の糖尿病治療、継続重要 心臓病は我慢せず受診

コロナと病⑤ 

[有料会員限定]

慢性疾患の糖尿病は継続的な治療が重要で、心臓病の治療はタイミングを逃すと危険だ。新型コロナウイルス流行下では、ほかの疾患同様に受診を避ける傾向があり、治療の停滞や遅れなどが懸念されている。それぞれの専門家に治療への影響や今後の対策について聞いた。(聞き手は満武里奈)。

糖尿病、在宅勤務増加で悪化するケースも 

国立国際医療研究センター研究所糖尿病研究センター長 植木 浩ニ郎氏

コロナが糖尿病...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2122文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン