/

この記事は会員限定です

HPVワクチン、キャッチアップ接種でがんリスク軽減を

がん社会を診る 東京大学特任教授 中川恵一

[有料会員限定]

子宮頸(けい)がんの発症原因のほぼ100%が性交渉によるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染です。

平成13年(2001年)の4月から、小学校6年~高校1年の女子を対象に、HPVの感染を予防するワクチンの定期接種が始まっています。

しかし、「副反応」をめぐって大騒動が起き、厚生労働省は定期接種開始からわずか2カ月後に、積極的勧奨を差し控えると発表し、一時は8割近くあった接種率も1%以下まで低下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン