/

この記事は会員限定です

富士フイルム営業最高益へ 半導体用好調で 22年3月期

[有料会員限定]

富士フイルムホールディングスの2022年3月期の連結営業利益(米国会計基準)見通しが会社予想(前期比21%増の2000億円)から上振れする可能性が高まっている。3年ぶりの最高益が視野に入る。高速通信規格「5G」などの普及で半導体向け材料が伸びている。成長分野に位置付けるバイオ医薬品の開発製造受託(CDMO)などヘルスケア分野も好調で新規事業の収益貢献も大きくなっている。

営業利益は19年3月期(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り403文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン