/

この記事は会員限定です

モノ言えば懐暖かし アクティビスト銘柄に資金流入

M&Aエディター 奥貴史

[有料会員限定]

アクティビスト(物言う株主)が対話を求める銘柄に投資資金が流入している。東芝の株主総会で永山治取締役会議長の再任がアクティビストの行動をきっかけに否決され、企業を変えうるという事実が広く知れわたったためだ。しかもその運用リターンは強烈。日経平均株価が上値を追いにくいなか、数少ない買い材料に機関投資家どころか個人も飛びつき始めた。

マネックス・アクティビスト・ファンドが快進撃中だ。マネックスグループが「個人投資家もアクティ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1341文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン