/

この記事は会員限定です

デンソー、車部品技術で農業ロボ リンゴやナシ収穫

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

デンソーが農業関連などの非車載事業に力を入れている。2020年に屋内型農業施設のオランダの販売会社に出資した。自動車部品の技術を生かして果物の収穫用ロボットも試作し、22年にも実用化する方針だ。同社は農作業の省人化から野菜などの物流支援、履歴管理まで幅広い分野をカバーする。農業など食品関連の事業を早期に収益化させることで、外部環境に左右されやすい自動車以外の分野で事業の柱を育てる。

果実収穫ロボ、22年にも実用化

デンソーは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン