/

伊藤忠、委託先社員もワクチン接種対象 警備や清掃など

(更新)
伊藤忠商事は東京・大阪で従業員向けのワクチン接種を始める(東京都港区)

伊藤忠商事は2日、職場での新型コロナウイルスのワクチンの接種を始めると発表した。国内全社員のほか東京本社ビルの警備員など委託先社員も含め、約6000人を対象とする。政府方針に応え、21日から東京・大阪で接種を始める。接種環境をいち早く整え、8月中をめどに大半の対象者が2回目の接種を終える見通しだ。

国内の社員に加え、東京本社ビルに勤務する受付や警備、清掃、食堂の委託先社員も含めた約6000人を対象とする。社会貢献の一環として、同社内で保育所を運営するポピンズ(東京・渋谷)に所属する保育士1500人も、希望者は受け入れる。在宅勤務が難しい保育士の接種を促す。合計で7500人が対象となり、1万5千回分の米モデルナ製ワクチンを確保する予定だ。

東京と大阪の本社で、原則平日に接種会場を開設する。自社で抱える産業医や看護師が接種を実施する。同社は1万5千回分の接種に対応できるだけの人数を確保しているという。社員ボランティアを募集して会場を運営する。社員が接種しやすい制度も設定した。接種を受ける場合は勤務扱いとし、副作用で就業が難しくなった際は有給の特別休暇の取得を認める。

三井物産も6月下旬から社内の診療所でワクチン接種を始めることを決めた。本店の社員約3500人から開始し、その後支店などにも広げる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン