/

この記事は会員限定です

ヒューリック、子供教育事業に本格参入 M&Aも検討

[有料会員限定]

ヒューリックは子供教育事業に本格参入する。5年後をめどに約100億円の経常利益を目指し、主力のオフィスビル賃貸などに次ぐ柱に育てる。教育関連に特化したビルを2022年にも開業して首都圏で増やし、学習塾などのM&A(合併・買収)も検討する。共働き世帯の増加や政府の子育て支援策を背景に、事業として成長の余地があるとみている。

西浦三郎会長が日本経済新聞の取材に応じた。ヒューリックは東京都内を

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン