/

この記事は会員限定です

法案ミス、使われない新システム 「一太郎」に罪なし

[有料会員限定]
日経コンピュータ

政府が2021年の通常国会に提出した法案資料に誤りが多発した。原因の1つは法案作成を支援する新システムの活用や改善を怠ったこと。省庁の多くが法案作成に使うワープロソフト「一太郎」の利用そのものが原因ではない。政府によるデジタル変革の先行きが不安視される。

134件もの誤り

誤りが最初に問題となったのは、5月12日に国会で可決・成立したデジタル改革関連法案だ。「電気通信回線」とすべきところを「電子通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン