/

この記事は会員限定です

輸入牛肉 ワクチン拡大で外食復調なら一段高も

双日食料ビーフ部長 小穴裕氏

[有料会員限定]

――米国産の輸入牛肉の価格は6年ぶりの高値まで上昇しています。

「新型コロナウイルスの流行後、経済回復が早かった中国や米国の需要が急増した。米国での生産も増えているが、それ以上に需要が爆発的に増えている。コロナで外出が制限され日常の楽しみが食に向かう中で、中国や韓国がこれまで食べていなかった米国産牛バラ肉(ショートプレート)に食指を動かしてきた」

「2020年5~6月に相場が上昇した際は米国で食肉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り951文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン