/

富士通、既存ITシステムを最新化 DX基盤の整備支援

日経クロステック

富士通は1日、既存のIT(情報技術)システムを見直して最新化するモダナイゼーションサービスを強化すると発表した。現行の業務プロセスやデータ、アプリケーション、IT基盤などの顧客資産を可視化し、デジタルトランスフォーメーション(DX)基盤とするためのスリム化やモダナイゼーションの支援を体系立てて提供する。

モダナイゼーションサービスは、(1)業務・資産可視化(2)グランドデザイン(3)情報システム全体のスリム化(4)モダナイズ──という4つのプロセスに分けられている。

(1)は各種プロセスマイニングツールを活用して業務プロセスを可視化したり、マスターデータを棚卸ししたりする。またデータ分析によってデータやアプリケーションを可視化する。

(2)はコンサルティングパートナーと連携してDX基盤のグランドデザインを作成する。(3)は使われていないのに維持・稼働しているITシステムを可視化し、IT資産をスリム化する。(4)は個別システムに対して、リライトやリホスト、再構築、サービス移行などを行う。IT基盤はパブリッククラウドやプライベートクラウドへの移行を支援する。

富士通は同サービスの提供に併せて、モダナイゼーションに関わる社内外の技術情報やノウハウ、知見を集約する「モダナイゼーションナレッジセンター」を1日に新設した。

同センターはセンター・オブ・エクセレンス(CoE)として、業種ごとに社内の各部門で保有している移行実績やベストプラクティス、有用なツールやサービス、専門パートナーに関する情報などを集約する。1日から日本国内で顧客サポートを開始し、欧州や北米などグローバルでのサポートも順次開始するという。

(日経クロステック 安藤正芳)

[日経クロステック 2022年9月1日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン