/

NTT、VR空間でアバター接客 障害者向け就労支援

NTTは2日、仮想現実(VR)空間の来場者に対し、障害を抱えて外出が難しい人などがアバター(分身)で接客する取り組みを始めると発表した。自宅など離れた場所からアバターを操作できる。病気や障害がある人でも案内業務を担える。VRや拡張現実(AR)といった「XR技術」を使い、障害者の就労機会を拡大する。

NTTのXRプラットフォームである「DOOR」内で導入する。従業員はVR空間上のアバターを通じて利用者と会話しながら、端末の操作方法や展示内容を説明する。

福祉ロボット開発のオリィ研究所(東京・中央)が提供する、障害者就労支援サービスの利用者を採用する。同社は障害を抱えるなどの理由で外出が困難な人材を、企業の受付業務などをこなすロボットの操縦者として派遣している。

NTTは「障害者の活躍の場をVR空間へ拡大し、VR空間における就労機会の創出につなげる」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン