/

この記事は会員限定です

「在宅勤務反対」という米国企業の活力

経営者ブログ 鈴木幸一 IIJ会長

[有料会員限定]

「東京はいまだに在宅勤務が推奨されているらしいね。わが社では幹部になろうとする人間が、在宅勤務で済ますことはなくなってきた。日本は面倒なようだけど、欧州との行き来はもう活発になっているよ。在宅勤務を続けることは結局、企業から本質的な活力を失わせるという考えなんだ。うちのボスが言っていることに私は賛成なのだけど。ところで、鈴木さんはニューヨークにはいつ来るの」

ニューヨークの友人からの話

ニューヨークの友人から連絡があった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2320文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経営者ブログでは、著名な経営者が企業戦略や産業界を取り巻く話題、日常的な発想など幅広いテーマで本音を語ります。 経営、人材育成、会社や組織のあり方、政治や社会問題などをリーダーそして成功者の目線でとらえ、経営者の考え方や役割も学べるコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン