/

この記事は会員限定です

マクドナルド、振り向けばスシロー 株主に届かぬ最高益

安藤健太

[有料会員限定]

日本マクドナルドホールディングス(HD)への期待感が株式市場でしぼんでいる。新型コロナウイルス下で持ち帰り商戦の先頭を走り、2021年12月期も営業利益で過去最高を見込むものの、株価は伸び悩む。投資家は長期的な成長ストーリーを語らないまま現金が積みあがる「巣ごもり経営」に冷淡で、時価総額で回転ずし「スシロー」を展開するFOOD&LIFE COMPANIESに追い上げられている。

日本マクドナルドの株価は20年6月に1株6270円の最高値から、21年6月4日には497...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン