/

この記事は会員限定です

コショウが一段高 国内価格、最大産地で減産予測

農家の出し渋りも

[有料会員限定]

代表的なスパイス、コショウの国内価格が一段と上昇している。商社から加工会社への販売価格は現在、肉料理などに使う黒コショウが1キロ800~900円と2年8カ月ぶり、カップ麺の用途が多い白コショウは同1050~1150円と2年7カ月ぶりの高値となった。供給過剰から過去2年ほど低迷していた価格が今年に入り反転している。

世界生産の約4割を占めるベトナムで生産が減少すると予測が出ている。同国ではコショウの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン