/

この記事は会員限定です

造血幹細胞培養で治療に幅 筑波大、液体のり成分利用

Next Tech2050

[有料会員限定]

造血幹細胞は赤血球や白血球、血小板のもとになる細胞だ。白血病など血液疾患の治療として移植されているが、骨髄液などの提供者と患者の免疫の型をなるべく一致させる必要がある。高齢化で提供者減少も懸念される。造血幹細胞を体外で増やし、遺伝子操作の技術も組み合わせて治療の幅を広げる研究が進む。2040~50年ごろには大量培養した造血幹細胞を使った遺伝子治療や血液成分の供給が可能になると期待される。

液体のり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1525文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン