/

この記事は会員限定です

車検に人材難・価格競争・CASEが直撃 再編の引き金に

ディーラー三重苦、厳しさ増す

[有料会員限定]

自動車ディーラー(販売店)の車検を巡る環境が厳しさを増している。人材難、価格競争、自動運転などを見据えた新制度の三重苦だ。7月にはトヨタ自動車の高級車「レクサス」の都内店舗で車検不正が発覚。電動化などの次世代技術「CASE」による市場の激変を控え、安全をどう担保するか。ディーラーの淘汰・再編の引き金となる可能性がある。

トヨタ系で不正

「対岸の火事とは思えない」。トヨタ販売子会社、トヨタモビリティ東京が傘下の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1883文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン