/

この記事は会員限定です

純利益進捗率、エネ・薬上位 コロナ先行き見えず慎重予想

4~6月期決算ランキング

[有料会員限定]

年間の利益見通しに対する達成度を示す進捗率が高い企業はどこか。2021年4~6月期の純利益進捗率を集計すると、株式売却などで特別利益を計上した企業のほか、鉄道や石油元売り、製薬、ゲーム業界などが上位に並び、通期見通しを上回る企業も5社あった。新型コロナウイルス禍の不透明さから控えめな見通しを立てる企業が目立つ。

首位の三井E&Sホールディングスは海洋開発部門の営業損益が黒字に回復したほか、環境関連...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン