/

「遊んで稼ぐ」ゲーム HashPort、夏までに3本提供へ

ブロックチェーン事業を手掛けるHashPort(ハッシュポート、東京・港)は夏までに、ブロックチェーン技術を活用した3つのゲームの提供を開始する。遊んで稼ぐことを意味する「プレー・トゥー・アーン(P2E)」のゲームで、利用者はハッシュポート子会社が発行する独自のトークンを獲得できるようにする。

忍者を模した人気イラストの非代替性トークン(NFT)である「CryptoNinja(クリプトニンジャ)」の対戦型ゲームなど、春から夏にかけて3つのゲームの提供を開始する。各ゲームはスマートフォンでの利用を想定し、アプリで提供する予定だ。3月から順次、ゲーム内で使用できるキャラクターをNFTとして販売する。

ゲームではハッシュポート子会社でNFT事業を手掛けるHashPalette(ハッシュパレット、東京・港)が発行し、大手仮想通貨交換業のコインチェック(東京・渋谷)などで取引されているトークンを活用する。ゲーム内で好成績を収めた場合などにトークンをもらえるようにするもようだ。

海外ではベトナム発のブロックチェーンゲーム「アクシー・インフィニティ」がフィリピンなどを中心に世界的な人気を集める。一方で日本ではNFTを明確に規制する法律がないのが現状で、例えば従来のスマホゲームで人気の「ガチャ」を通じてNFTを獲得できる仕組みは賭博罪にあたる可能性もある。ハッシュポートは弁護士などとゲームの設計を協議する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン