/

大塚製薬、瓶入りポカリスエット発売 再利用でゴミ削減

大塚製薬は12日、ガラス瓶入りの「ポカリスエット」を首都圏や京都府内のイオンなど66店舗で発売する。使用済みの瓶を販売店で回収して、数十回程度繰り返し利用する。飲料の風味を損なうことなく、繰り返しの使用に耐えられる強度の容器を2年以上かけて開発した。ペットボトルなどプラスチックゴミの削減につなげる。

250ミリリットル入りで、メーカー希望小売価格は税込み248円。容器の回収では米新興の日本法人が展開するシステム「Loop(ループ)」を使う。ループへの登録が必要だが、使用後の容器を店頭の回収ボックスに入れることで1本あたり77円が返金される。

同社が再使用可能な瓶で飲料を販売するのは今回が初めて。商品名はガラス瓶に直接印字している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン