/

この記事は会員限定です

ヤマダ、膨らむ人件費 市場がみつめる多角化の本気度

佐伯太朗

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ヤマダホールディングス(HD)が家電を軸に家具や住宅に事業を広げる「暮らしまるごと」戦略の総仕上げに入った。非家電が売り場の半分を占める新業態を開発し、今後3年で直営店全体の1割程度を占める規模に育てる考えだ。一方で多角化で膨らむ人件費に売上高の伸びが追いつかない懸念が出ている。停滞している株価の底上げには家電を含めた多角化戦略の本気度を見せる必要がある。

「ヤマダの全てが詰まっている」。同社の幹部が胸を張る新業態の1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1659文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン