/

この記事は会員限定です

ウナギかば焼き、今夏は品薄に? 稚魚の養殖18%減

[有料会員限定]

土用の丑(うし)の日に向けて需要が盛り上がるニホンウナギ。今夏はウナギのかば焼きに不足感が出る可能性がある。養殖用の稚魚が足りないためだ。水産庁によると日本国内の養殖池への稚魚の投入は2021年11月から22年3月末までの時点で13.8トンと前年同時期に比べ18%少ない。日本などで捕獲が遅れた。

日本で出回るウナギの大半は養殖物だ。冬から春に国内外で捕獲した天然の稚魚(シラスウナギ)を養殖池で育...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン