/

NTTドコモ、沖縄県の温暖化ガス排出量 実質ゼロに

NTTドコモは1日、沖縄県で自社が出す温暖化ガスの排出量を実質ゼロにすると発表した。沖縄県の携帯電話の基地局などで使用する電力を、再生可能エネルギーに切り替える。対象は電力量で年間約1500万キロワット時となる。温暖化ガスの排出量で年間約1万2千トン削減できるとしている。

ドコモは沖縄県内の通信設備で使用する電力について、12月から順次、再生可能エネルギーに切り替える。太陽光発電や化石燃料の電力でないことを証明する「非化石証書」を活用した、沖縄電力の電気料金プランを利用する。本島に近い島が対象で、石垣島や宮古島などの離島は対象外となる。

ドコモは2030年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする目標を掲げている。ドコモの消費電力のうち、携帯基地局などネットワーク設備が大半を占める。目標の実現に向けて、太陽光発電などからの再エネ調達を増やす方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン