/

この記事は会員限定です

「知的資産」継承、役割の擦り合わせを

事業承継・経営者の引退後①中小機構統括プロジェクトマネージャー 宇野俊英氏

[有料会員限定]

経営者は会社が人生そのものになりやすく、創業者や創業家の出身者であればなおさら、この傾向が強まります。そのため一度引退をしても、経営していた会社のことが気になって口出しをしたり、取締役として戻ってしまったりするケースがあります。現役の経営者である時から、引退後に自身がどのように生きていくのかを真剣に考えておくことが大切です。

みずほ情報総研(現みずほリサーチ&テクノロジーズ)の2018年

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り948文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中小企業が事業承継を行う上で、どのような計画が必要でしょうか。 後継者探し、相続税や贈与税といった税金など、課題は少なくありません。 このコラムでは、実例や当時の経営者の考え方を踏まえながら、事業承継で失敗しないための対策について考えていきます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン