/

日清食品、札幌スープカレー味の袋麺を発売

日清食品は13日、袋麺の主力ブランド「日清のラーメン屋さん」で、スープカレーの風味を再現した「札幌スープカレーラーメン」を発売する。子供でも食べやすいまろやかな味わいが特徴で野菜と一緒に食べやすい点を売り込む。希望小売価格は5食パックの商品で361円。

「日清のラーメン屋さん」は北海道産小麦の全粒粉を練りこんだもっちりとした麺と、北海道産素材を使ったスープが特徴の袋麺で、子どもを持つ30~40代を主要顧客に設定している。

今回の新商品は「子どもに野菜を食べさせたい」という消費者の要望を受けて、子どもに人気のカレー味を採用した。スパイスが程よくきいたスープは子どもでも食べやすいまろやかな味になっており、好みの野菜を炒めて一緒に煮込んで食べることを想定する。5食パックを中心に全国の食品スーパー、ドラッグストアなどを通じて販売する予定だ。

日清食品は「スーパーなどの売り場では6~7月にカレーフェアを実施することが多いため、先駆けて商品を発売することで、売り場に並べてもらえるのでは」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン