/

この記事は会員限定です

潮流発電、芽生える商機 九州電力や川崎汽船が参入

[有料会員限定]

潮の満ち引きで発電する再生可能エネルギー「潮流発電」の開発が進み始めた。九州電力系の九電みらいエナジー(福岡市)は長崎県沖で実際の発電に着手。川崎汽船中部電力などとカナダで事業に取り組む。洋上風力発電の促進を目的に整備した政策が潮流発電に転用できる可能性があり、環境が整えば開発が加速しそうだ。

潮流発電は潮の満ち引きで発電するため、海底にプロペラと土台でできた発電装置を据えつける方法が一般的だ。潮の流れが速いほど発電量...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン