/

この記事は会員限定です

大阪スーパーシティの実現なるか 鍵はデータ連携基盤

[有料会員限定]
日経クロストレンド

政府が公募するスーパーシティ構想に名乗りを上げた自治体の中で、ゼロから開発する「グリーンフィールド型」の代表格といえるのが、大阪府と大阪市の共同提案だろう。2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)の舞台となる「夢洲(ゆめしま)」、JR大阪駅北側の再開発エリア「うめきた2期」はどう変わるのか。

「現状、住民がいないグリーンフィールドは関係者の利害調整をスムーズに進めやすい。スーパーシティの大胆な規制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4867文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン