/

大和自動車交通、AIでタクシー需要予測 営業効率化

タクシー大手の大和自動車交通はタクシー需要が見込める地区を人工知能(AI)で予測して地図上に表示するサービスを導入した。東京23区などのエリアに対応しており、都内で稼働する約2000台のタクシーで順次利用を始める。営業を効率化し、収益を改善させる狙いだ。

システムはソニーグループが開発し、2019年11月から両社で実証実験に取り組んでおり、このほど実用化した。カーナビとして使うタブレット端末で、時間帯や天候、曜日に応じて客が現れやすい場所を示す。地図を500メートル四方に区切り、区域ごとの需要の高さを5段階で示す「ヒートマップ表示」や、交差点など客が見込める特定の場所を示す「ピンポイント表示」といった機能を用意した。

ドライバーの土地勘がない場所で客が降車した場合も、得意とする営業エリアに戻るまでに需要が高いスポットを経由できるようになる。経験が浅い若手ドライバーの稼働率の向上にもつなげる。新型コロナウイルスの影響でタクシーの需要が落ち込むなか、空車時間を削減して営業を効率化する。

ソニーグループと大和自動車交通は、18年に国際自動車(東京・港)などと共同で配車アプリのみんなのタクシー(現S.RIDE、東京・台東)を設立した。S.RIDEに出資するタクシー大手5社の1万台の走行データをAIで分析し、客の獲得が見込める場所を予測した。S.RIDEによると、今後は大和自動車交通以外のタクシー会社への提供も見込んでいるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン