/

この記事は会員限定です

富士フイルム、中国に細胞培養向け材料のサービス拠点

[有料会員限定]

富士フイルムは1日、細胞培養の栄養となる「培地」のサービス拠点を中国に新設すると発表した。顧客となる製薬企業のニーズに応じて最適な培地を提案する。2022年3月に稼働を始める予定だ。中国では新薬開発が活発で医薬品市場の急成長が見込まれており、サービス拠点の開設で需要を開拓する。

蘇州高新区に培地のサービス拠点「イノベーション&コラボレーションセンター」を新設する。蘇州高新区はスタートアップを含めてバイオ医薬品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン