/

この記事は会員限定です

中小企業の事業承継の要諦は 経営者や識者に聞く

堤純子氏/大坪正人氏/伊藤公健氏/山本昌弘氏

[有料会員限定]

中小企業経営者の高齢化が進み、後継者不足が深刻だ。2025年までに平均引退年齢の70歳を超える経営者は245万人に増え、このうち半数は後継者が決まっていない。このままだと廃業が急増し約650万人の雇用が失われるとの試算もある。どうすれば事業承継が進むのか。経営者や支援者、識者に聞いた。

◇  ◇  ◇

世代交代は若いうちに 繊月酒造社長 堤純子氏

1903年創業の焼酎メーカー、繊月酒造(熊本県人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3833文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン