/

この記事は会員限定です

警備の人手不足、ロボットで補完 日経メッセ

街づくり・店づくり総合展から(下)

[有料会員限定]

警備業界では人手不足や高齢化が進んでいる。開催中の「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」では、働き手の確保が難しさを増す中で、省人化につながるロボットやIT(情報技術)などの新たな技術を採用した展示が多く見られた。

東京警備保障(東京・港)が展示したアバター(分身)を使った遠隔警備システムでは、警備員がアバターロボットに内蔵したカメラで来客者の表情などを確認しながら対応できる。このほか、侵入者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り612文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン