/

この記事は会員限定です

キオクシアに熱視線、米大手買収提案 日本拠点に注目  

[有料会員限定]

半導体メモリー大手のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)を巡り、米同業のマイクロン・テクノロジーやウエスタンデジタル(WD)が買収の可能性を探り始めた。米国はハイテク産業で中国が台頭するなか、自国陣営のサプライチェーン(供給網)の強化に動く。米中対立の地政学リスクが日本の半導体産業にも及んできた。

キオクシアに対し、WDが2021年1月に買収を提案したほか、マイクロンは非公式...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1263文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン