/

この記事は会員限定です

三菱電機、総会で漆間社長の賛成比率58% 取締役選任で

[有料会員限定]

三菱電機が6月29日開いた定時株主総会で、漆間啓社長の取締役選任案に対する賛成比率が58.46%にとどまったことが分かった。2021年に発覚した鉄道車両向け機器での検査不正を受け、社長が交代してから初めての総会だった。外部の弁護士らでつくる調査委員会による調査で、ほかにも品質不正が相次ぎ判明しており、株主から厳しい視線が注がれている。

1日に関東財務局に提出した臨時報告書で明らかになった。総会で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン