/

この記事は会員限定です

6日夕はノーベル化学賞 日本人に有力候補者

[有料会員限定]

スウェーデン王立科学アカデミーは6日午後6時45分ごろ(日本時間)、ノーベル化学賞を発表する。自然科学分野では最後で、2019年にリチウムイオン電池の開発で受賞した、旭化成の吉野彰名誉フェロー以来の日本人受賞者が期待されている。

注目を集めるのは東京大学の藤田誠卓越教授だ。小さな分子を混ぜると勝手に集まる「自己組織化」という現象を利用し、複雑な構造の材料を作ることに成功。この材料を使い、分子の構造を簡単...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン