/

スバルに思わぬ死角 部品不足が「成功方程式」崩す

日経ビジネス電子版

SUBARU(スバル)は2022年3月期、国内自動車主要7社の中で唯一、減収減益となる見通しだ。世界的な半導体不足による販売減の影響をカバーできず、業績の反転は来期以降に持ち越しとなる。スバルの成長を支えてきた「選択と集中」があだとなって、逆境を乗り越えるすべを見いだせないでいる。

スバルは今期通期の連結業績について、売上高が前期比5%減の2兆7000億円(従来予想は2%増の2兆9000億円)、純利益は2%減の750億円(同44%増の1100億円)を見込む。いずれも2月に下方修正した。

このタイミングで両方を下方修正したのは国内の自動車主要7社の中でスバルのみ。ホンダ日産自動車マツダ三菱自動車の4社は純利益見通しを上方修正し、トヨタ自動車スズキは据え置いた。スバルに一体何があったのか。

業績回復の遅れには大きく2つの理由がある。1つは半導体不足による減産の長期化だ。

水間克之最高財務責任者(CFO)は「選択と集中を進めてきたが、断面を切り取ると影響がある。我々の宿命だ」と話す。スバルは北米市場を重視し、車種も多目的スポーツ車(SUV)中心に絞り込んできた。この過程で部品の共通化を進め、収益力を高めてきた。

ところが半導体不足で状況は一変。国内の主力完成車工場である群馬製作所(群馬県太田市)も繰り返し操業停止に追い込まれた。共通化している部品が調達できないと、その部品を採用しているすべての車種の生産が滞る。稼ぐ力を高めるために進めてきた車種の絞り込みや部品の共通化が足元では裏目に出ている。

通期の予想生産台数も撤回し、非開示とするほど不透明な状況に追い込まれた。「操業への影響は今期中には解消したいが、半導体不足は構造的な問題。来期以降への影響は精査中だ」。水間氏はこう話すのが精いっぱいだ。

売り手市場の恩恵少なく

もう1つの理由は、スバルにとっての主戦場である米国で、利益を上乗せする余地が限られる点だ。

足元、米国は需要の回復に車の供給が追いつかない「売り手市場」となっている。半導体不足で供給制約を抱える自動車各社は生産台数を増やしにくいが、生産した車はあまり値引きをしなくても売れる。その分、販売店での値引きのために費やしてきた「販売奨励金」を圧縮でき、利益が押し上げられている。

ところが、かねて米国で好調だったスバルは事情が異なる。同社が出す奨励金は1台当たり平均約800ドル(約9万2000円)とされ、他社の約半分。値引きに頼らずに売ってきたスバルは売り手優位の市場環境から恩恵を受けにくく、販売減少がダイレクトに収益に響いてしまう。

東海東京調査センターの杉浦誠司シニアアナリストも「販売奨励金を低く抑えてきたスバルの特性が、減産によって(収益にマイナスの方向に)影響した」と話す。値引きなしでも買ってもらえる車を造ってきた「優等生」ならではの悩みといえる。

スバルの株価は2月24日、新型コロナウイルス禍初期の20年4月以来約1年10カ月ぶりに終値ベースで1900円を割り込んだ。業績見通しの下方修正に、ロシアによるウクライナ侵攻が追い打ちをかけた。

競合メーカーのある幹部は「(安全技術『アイサイト』など)先進技術と四輪駆動の搭載を考えれば、米国市場でスバルのコストパフォーマンスは高い」と評価する。車を優先的に振り向けるなどして、屋台骨である米国市場での機会損失を極力抑えることが業績反転のカギとなりそうだ。

東海東京調査センターの杉浦氏は「電気自動車(EV)戦略の遅れが懸念されてきたが、(今年は)トヨタと共同生産するEVが出る。生産が正常化すれば株価も回復する」と指摘する。小さくても強いスバルは帰ってくるのか、投資家は目を凝らしている。

(日経ビジネス 大西綾)

[日経ビジネス電子版 2022年3月1日の記事を再構成]

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。「日経ビジネス電子版」のオリジナルコンテンツもお読みいただけます。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちらhttps://www.nikkei.com/promotion/collaboration/nbd1405/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ビジネス

企業経営・経済・社会の「今」を深掘りし、時代の一歩先を見通す「日経ビジネス電子版」より、厳選記事をピックアップしてお届けする。月曜日から金曜日まで平日の毎日配信。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン