/

この記事は会員限定です

エンジン部品のマーレ「地球上最後まで供給し続ける」

[有料会員限定]
日経クロステック

世界有数のピストンメーカーである自動車部品大手の独マーレ。自動車の内燃機関向け部品を主力とする同社にも、電動化の波が押し寄せる。エンジンを取り巻く環境が厳しさを増す中で、どう生き残るのか。日本法人のマーレジャパン副社長でアジア日本担当の坂野慎哉氏に話を聞いた。

「2030年、内燃機関車が60%以上」

──欧州の自動車メーカーを中心に、電気自動車(EV)へのシフトを鮮明にする動きが目立つ。だが、いき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1921文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン