/

東電や東レ、水素製造の技術開発 NEDOが助成

東京電力ホールディングス(HD)や東レなど7社と山梨県は1日、再生可能エネルギーで発電した電力から水素をつくる事業に乗り出すと発表した。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業にこのほど採択された。事業期間は2025年度まで。水素を製造するための装置の大型化などでコストの削減を目指す。

事業規模は約140億円。東京電力HDが、水素製造設備などの運用を手掛け、東レと日立造船、独シーメンス・エナジーの日本法人が水を電気分解する水電解装置の開発をおこなう。再生エネ由来の電力を送電線で運び、水電解装置を稼働させる。発生した水素は工場にあるボイラーの燃料として利用し、工場内で熱として使う。水電解装置を大型化することで、水素製造にかかるコストを削減する。

25年度までに水電解装置を2カ所で設置。計1万6千キロワット程度の電力で、年間700万ノルマル立方メートル(セ氏0度、1気圧での体積)を製造する。具体的な設置場所は未定としている。今回の事業でノウハウを蓄積し、将来的には10万キロワット級の水電解装置をつくることを検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン