/

米マクドナルド、日本マクドナルドHD株保有比率35%に

米マクドナルドが保有する日本マクドナルドホールディングス(HD)株の比率が約35%まで低下したことが1日分かった。米マクドナルドはシンガポール法人、カナダ法人を通じて日本マクドナルドHD株を保有しており、シンガポール法人が1日、関東財務局に大量保有の変更報告書を提出した。変更報告書によると、8月26日に市場外で2.63%の株を売却し、保有比率はカナダ法人との合計で35.32%となった。

米マクドナルドは2020年7月、日本マクドナルドHD株の保有比率を49.99%から35%程度に減らす方針を明らかにしていた。新型コロナウイルス禍からの経営立て直し策の一環として段階的に売却を進めてきた。日本マクドナルドの経営の独立性は高まりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン