/

この記事は会員限定です

アステラス製薬、上場来高値 抗がん剤伸びに期待

銘柄診断

[有料会員限定]

1日の東京株式市場で製薬大手のアステラス製薬株が一時、前日比51円(2%)高の2113円50銭まで上昇し、約1カ月半ぶりに上場来高値を更新した。主力の抗がん剤の販売増がけん引し、業績拡大が続くとの期待から投資家の買いが集まった。

終値は40円50銭(2%)高の2103円だった。材料視されているのが、前立腺がん治療薬「イクスタンジ」の販売拡大だ。同薬の販売は2022年3月期に売上収益の4割にあたる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り347文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン