/

ソニーもロシアで映画公開中止 ウクライナ侵攻で

ソニーグループ傘下のソニー・ピクチャーズエンタテインメントは1日までに、ロシアでの映画公開を中止することを決めた。3月下旬以降に予定していた新作「モービウス」の公開をとりやめる。ロシアのウクライナ侵攻を受けて、抗議の姿勢を示す。

ソニーピクチャーズは声明で「ウクライナで進む軍事行動と不確実性、人道的危機を考慮し、ロシアでの新作公開を一時停止する。影響を受けた全ての人に思いを寄せ、祈りをささげる。危機の早期解決を望んでいる」とコメントした。

ロシアでの映画公開を巡っては、米ウォルト・ディズニーや米ワーナー・ブラザースが新作の公開中止を決めた。モービウスは傘下のコロンビア・ピクチャーズが制作し、日本では4月1日の劇場公開を予定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン