/

この記事は会員限定です

脱炭素「移行技術」投資、素材で本格化 JFEは電炉転換

[有料会員限定]

鉄鋼や化学など素材産業で脱炭素に向けた移行技術への投資が本格化してきた。国内鉄鋼2位のJFEスチールは1日、岡山県の高炉1基を電炉に転換する方針を発表した。2030年度までの脱炭素投資は1兆円規模を見込む。日本板硝子は二酸化炭素(CO2)を出さない燃料を活用したガラス製造に取り組む。脱炭素化の取り組みが成長に欠かせなくなった企業の競争が加速しそうだ。

「トランジション(移行)期の活動が重要だ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1740文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません