/

NTTとKDDI、氷河期世代のIT再教育で追加募集 

NTTKDDIは1日、就職氷河期世代の就業支援の追加募集をすると発表した。約1カ月間で約7300人の応募があり好評だったため。新たに夜間時間でICT(情報通信技術)が学べる環境なども提供する。

両社は新卒時に正社員になれずコロナ下で生活に苦しむ氷河期世代の学び直しを促し、再就職につなげる活動に取り組む。

50歳未満なら誰でも応募できる。第1期として2月中旬から3月末までに約7300人の応募があり、受講者約4400人のうち9割以上が「役に立った」と高評価だったという。

4月1日から30日まで新たに2期目として募集する。午後6時から学べる夜間帯の研修も追加する。

第1期の受講者の研修も続いており7月以降に採用活動に入る。両社などで2022年3月までに300人超の雇用を目指している。(太田明広)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン