/

この記事は会員限定です

石油元売り3社、前期の在庫評価益1100億円上振れ 

原油高が押し上げ コロナ禍の一服期待などで

[有料会員限定]

原油相場の上昇が石油元売り各社の業績を押し上げそうだ。2021年1~3月期の原油価格はアジアで1バレル60ドル程度と各社の前提よりも高かったため、大手3社の21年3月期通期の在庫評価損益は従来の会社想定に比べて1100億円程度、上振れする可能性がある。各社の営業利益も想定より改善する公算が大きい。

20年3月期は新型コロナウイルスの影響で石油製品の需要に警戒感が広がり、原油価格が大幅に下落。在庫評...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り933文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン