/

この記事は会員限定です

いすゞがEVトラック量産 国産で初、中国勢に対抗

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

いすゞ自動車が2022年から電気自動車(EV)のトラックの量産を始める。EVトラックの採用機運が高まっている物流企業などの用途に合わせて、1500種類を作ることができる車台(プラットフォーム)を開発した。将来的に価格を主力のディーゼルトラックと同等を目指す。中国や欧州のメーカーが先行する市場で、日本勢も巻き返す。

中国勢が住宅街での運送に使う積載量1トン級のEVトラックで日本展開を急いでいる。いすゞは一回り大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り529文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン