/

リンガーハット、ちゃんぽん30円値上げ 原料費高騰で

ちゃんぽん店のリンガーハットは1日、「長崎ちゃんぽん」などの値上げを発表した。全国の店舗で共通するメニューの約65%を20~70円値上げし、主力の長崎ちゃんぽんは30円アップの680円(東日本地区)とする。小麦などの原料高や物流費の高騰分を転嫁する。

共通メニューの約45品目を平均5%値上げする。「長崎皿うどん」は40円値上げし、720円(同)とする。健康志向を目指した「野菜たっぷりちゃんぽん」は70円と最大の値上げ幅になる。

追加料金で変更できる「低糖質めん」の価格も50円引き上げる。同社は「原料高が続き、価格については2021年末から活発に議論していた。原価の圧迫が限界に来ており、苦渋の決断で値上げに踏み切った」と話す。

原材料高や原油高に押され、外食各社は次々と値上げに踏み切っている。21年後半には牛丼大手各社がそれぞれ値上げし、3月にはマクドナルドも値上げを発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン