/

この記事は会員限定です

羊肉、輸入価格4割高 米中の需要で日本「買い負け」も

[有料会員限定]

羊肉の輸入価格が年初比4割高い水準に上昇した。新型コロナウイルス禍などでオーストラリアやニュージーランド(NZ)の生産量が減る一方、中国や米国の買い意欲を背景に世界で価格が上がっている。日本でも輸入牛肉からの切り替えや健康志向の高まりで需要は増加傾向だが、輸入量は減り気味だ。当面高値が続き、外食店などのコスト押し上げ要因になる。

日本で消費する羊肉は6割強が豪州産、3割がNZ産だ。貿易統計による...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン