/

NTT、五輪会場で5GやAR観戦体験 セーリングなど

NTTグループは1日、東京五輪・パラリンピックの競技会場で高速通信規格「5G」や拡張現実(AR)を活用した観戦サービスを提供すると発表した。セーリング、水泳、ゴルフの3競技が対象。来場客がARグラスや独自の映像技術で、リアルタイムで複数の視点で観戦できるようにする。新しいかたちのスポーツ観戦を示すことで、5Gの普及にもつなげる。

セーリング競技では、遠隔地の競技を臨場感を残したままリアルタイムで再現する映像転送技術「Kirari!」を使う。ドローンや船から撮影した複数の4Kの高精細映像をNTTドコモの5Gで通信して合成。会場内に設置した横50メートルの大型画面に配信する。

セーリング競技は海上で行われるため、従来は観客が防波堤などから双眼鏡を使って観戦していた。競技者の近くから各カメラが撮影した映像をリアルタイムでつなぎ合わせて大型画面に流すことで、観客が競技の全体像を把握しつつ、ヨットを操る細かい駆け引きなどの迫力も味わえる。

水泳とゴルフでも5Gを活用する。水泳では、会場の観客向けにAR グラスを通じて、選手のタイムなどを映し出す。遅延が少ない5Gの性質をいかし、競技の進捗に合わせた情報を配信する仕組み。ゴルフでは、離れた場所にいる複数の選手の映像を、手元の端末で観客自身が選んで楽しめるようにする。端末は来場した観客に貸し出す見込み。

NTTドコモの古野徳之・東京2020推進室長は1日の記者会見で、「5Gや映像技術をアピールし、新しいスポーツの観戦の在り方を訴えたい」と述べた。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン