/

ワクチン異物混入「人的ミス」 武田・モデルナ調査公表

think!多様な観点からニュースを考える

武田薬品工業と米モデルナは1日、新型コロナウイルスワクチンにステンレスの異物が混入していた問題で、原因は製造を委託していたスペイン企業の人的ミスにあったとの調査結果を発表した。部品を取り付ける際に設置不具合が生じたという。今後は精密測定器などを導入し再発防止に努める。

ミスがあったのは製造を委託するスペイン企業、ラボラトリオス・ファルマセウティコス・ロビの工場。他の製品の生産から切り替えるため2つのステンレス部品を取り付けた際、保つべき1ミリメートルの間隔を目視で誤ったという。部品同士が接触し、ステンレスの混入につながった。

再発防止策として、生産を他製品から切り替える際の手順書の改善や、部品同士の適切な間隔を保つよう目視確認を補助する精密測定器を導入する。安全性については「健康上のリスクをもたらさない」としている。

今回の異物混入を巡っては、厚生労働省が8月下旬に約160万回分の接種を見合わせるよう要請。国内での流通を担う武田薬品は該当するロットのワクチンを9月2日から自主回収していた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン