/

この記事は会員限定です

三菱電機、深刻な隠蔽体質 全社点検後に品質不正6例

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える
日経クロステック

三菱電機で再び発覚した品質不正問題。鉄道車両向け空調装置と同空気圧縮機ユニットにおいて不正な検査を行っていたことが社内調査で判明した。不正に手を染めていたのは、長崎製作所(長崎県時津町)。定められた検査を行わず、品質データをねつ造するなどの行為が見つかった。同社はなぜ不正の沼から抜け出せないのか。

同社は7月2日、記者会見を開き杉山武史社長が謝罪し、辞意を表明した。その上で、社外弁護士を委員長とする調査委...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2685文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン