/

攻めの経営にこそ法律 社内弁護士と法務DXがわかる7選

企業の法務部の存在感が高まっています。社内弁護士の数は最近10年で5倍に増え、契約書などをデジタル化する法務デジタルトランスフォーメーション(DX)も進んできました。国際的なM&A(合併・買収)や人権、環境など、法務が対象とする分野が広がっているからです。社内弁護士や法務DXの現状や事例について、参考になる記事を選びました。(内容や肩書などは掲載当時のものです)

ビジネス・クリップ」は日々の記事の中から、ビジネスに役立つ実践的で、よく読まれた記事を集めたコンテンツです。保存して後から読んでも、取引先に行く前に斜め読みしても。あなたのビジネススキルの向上にお役立てください。

社内弁護士が足りない

個人情報の取り扱いやM&Aの対応など法律知識が重要な場面が増え、社内弁護士が経営陣に加わる例も出てきました。ただ社内弁護士の担い手となる人材は不足気味です。法曹志望者が年々減っているからです。

企業内で新たな働き方

弁護士といえば大手法律事務所でバリバリ働く――。そのようなイメージがあるかもしれませんが、企業で働くことを目指す弁護士や、弁護士資格を持たずに法務部で実務経験を積むなど多様なキャリアを歩む人が出てきました。

法務DX、新事業支える

新型コロナウイルスの感染拡大で、私たちの働き方は大きく変わりました。「紙文化」が根強かった企業の法務部も、デジタル化に取り組んでいます。新ビジネスのスタートを支えたり、技術防衛に役立てたりするケースが出ています。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ビジネス・クリップ

ビジネスに役立つ実用的なスキル・ノウハウを紹介した記事をまとめ読みできます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン