/

この記事は会員限定です

日本製鉄VSトヨタ 「知らなかった」は通じぬ特許訴訟

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

電気自動車(EV)などのモーターに使う電磁鋼板を巡り、日本製鉄が自社の特許権を侵害したとしてトヨタ自動車と中国の鉄鋼メーカー、宝山鋼鉄を東京地裁に提訴している問題で、日鉄とトヨタの間に異例の〝舌戦〟が始まっている。特許法は、製品を作ったメーカーだけではなく、販売した企業などにも厳しい責任を規定。訴訟では、特許の有効性と侵害の有無という2つのポイントにおける双方の立証が勝負を占うとみられる。

異例の舌戦

「無実であることの説明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン